施工事例

2015/4/30

リーフプランツが映える植栽

ツルニチニチソウ。這うように広がる耐寒性のあるリーフプランツです。春にはブルーの花が咲きます。
ワイヤープランツ・スポットライト。斑入りのワイヤープランツ。耐寒性が低く信州では1年草と考えます。
ベアグラス。葉が増えて大きくなります。もっさりしたら株分けをしてすっきりした印象を楽しむのがコツ。
アメリカンブルー。夏時期にブルーの花が次々の咲く1年草。
サントリナ。シルバーリーフのハーブ。こんもりと大きくなります。春に白い花を付けます。
工事場所:塩尻市 K様邸
工事内容:植栽
工事金額:~10万円

新築時にしっかりと植栽されていたk様邸。門柱前をすっきりさせたいというご要望を受けました。高木や低木などの「木」が植えられていた為、大きくなって管理が大変になってしまったそうです。既存の低木も色々な葉が組み合わさっていてステキでしたが、今回は草花系を中心にした植栽の入れ替え工事をさせて頂きました。K様リクエストの草花を取り入れたブルーと白系の植栽プランです。

門柱前の植栽はお客様を迎える場でもあります。草花は季節やその年に合わせて入れ替えが出来るのでいつでも「玄関らしい」植栽を保つ事が出来ます。とはいえ、毎春全ての草花を植え替えるのも手間と費用が掛かるので大変です。植えっぱなしでOKのリーフプランツをメインに植替えが必要だけれど沢山の花を付ける花物、少しづづ花数が増えて行く球根も忍ばせました。