施工事例

2016/4/30

すっきりとしたデザインに緑が映える外構

正面から見た様子。
既存のフェンスともマッチしています。
工事の様子。同じ形のない自然石は1枚1枚石とにらめっこをしながら位置を決めて行きます。
アプローチの仕上がりの様子。目地にモルタルを詰めて仕上げて行きます。
工事の様子。境界ブロックの基礎の工事です。ブロックには鉄筋を適切に配することで強度を高めます。
工事の様子。ブロックを積み上げ、天端はモルタルを詰めて仕上げます。
工事場所:松本市 I様邸
工事内容:土留め、駐車場、アプローチ、花壇、植栽(芝生)
工事金額:150~200万円

2014年に境界フェンスの施工をさせて頂いたI様。今回は土留め→駐車場→植栽と時期をずらして順に外構全般の工事をさせて頂きました。既存の植栽はレンガの花壇で囲い、コンクリートですっきりとしたデザインながらも目地や花壇の緑が映える外観になりました。既存のホワイトカラーのフェンスと同様、玄関前の自然石貼りもホワイトカラーで統一感が生まれました。

まずは先行して目隠しを。お隣との土留めも必要・・・駐車場を舗装して、春になったら植栽。と何回かの工事に分けての施工ももちろん大丈夫です。特に植栽は工事が秋でも来春の植え込みをおすすめしています。