施工事例

2012/4/30

機能性と自然素材が調和された外構

アスファルト舗装の先には庭と仕切る伸縮門扉を設置。左側はジョリパットの門柱に照明が設置されています。
アプローチの様子。コンクリートとピンコロの組み合わせ。
芝生と植栽。緑が入ると一気に庭らしくなります。
人工木フェンスです。らも質感はやわらかくしっかりしているのでメンテナンスが難しい所におすすめです。
工事の様子。ピンコロ石を敷き詰めている所です。水糸を張って丁寧に仮置きをしていきます。
汚水桝や量水器がアプローチにある場合はこの様に素材を加工して仕上げる事もあります。
ピンコロに汚れが付かない様に目地を敷き詰めて仕上げて行きます。
工事の様子。ここには照明が設置されます。配線は埋設するので下を固める前にしておきたい工事です。
植栽の様子。植えたばかりの植木は根が活着するまで支柱で支えてあげます。竹なので見た目にも良いです。
工事場所:松本市 O様邸
工事内容:駐車場、アプローチ、門柱、フェンス、照明、門扉、植栽
工事金額:300~350万円

旗地の敷地のO様邸。入口が分かりやすい様に枕木門柱と照明を設置、家と主庭のあるメイン敷地とを仕切る伸縮門扉を設けています。車の乗り入れ部分はしっかり舗装をしていますが、ポイントでピンコロを敷き詰め枕木や芝生といった自然素材を加える事によって機能性を重視しながらも見た目にやさしい印象に仕上がりました。

侵入道路も加えて広い敷地でしたが、全体をまとめて工事をされました。ゲートやフェンス、植栽でプライベートが確保できゆったりとした庭ライフが送れる事でしょう。初めは全体のプランを提案させて頂く事が多いのですがO様のようにまとめて工事される方、まずは庭からという方などそれぞれです。

せっかく一戸建てを建てたなら計画は早いに越した事はありませんのでお気軽にご来店下さい。